耳を澄まして

2017/12/19

声の大きさとか挙動とか、あるいは話の分かりやすさとか、あるいは自称第三者が提供してくる諸々の情報とか、どうでもいい。

 

自分の言葉でちゃんと語ってるどうか。これに尽きる。

 

この判断をするのはひとりひとりの聴き手だ。

僕らは誰一人として予測可能な聴衆なんかにはなりえない。

一般化された基準なんて放っておいてかまわない。

 

その分、聴き手は責任を負わなきゃいけない。

誰かのせいにはできない。

ただ、それは本来当たり前のことだ。

 

良くも悪くも耳栓やイヤホンをしがちな世の中、さらに言えば、頼んでもいない音声を勝手に流されるような世の中だから、わけのわからないところにわけのわからない当たり前があったりする。
 
耳かきが必要なのかもしれない。
 
 
でもとにかく、誠意を持ってがんばって語ってる人の声や言葉に、誰かに言われてじゃなくて自分から気が付くことが出来なくなってしまったら、それは凄まじく悲しいことな気がしてならない。